成長ホルモンの分泌促進がキーワード!バストアップを実現するためには

成長ホルモンの分泌促進がキーワード!バストアップを実現するためには

女性にとって美しいバストは憧れですよね。思春期に差し掛かると、特に周りと自分のバストサイズを比べて、苦い思い出を経験したことがある人もいるのではないでしょうか。成長期に身体が子供から大人へと変化していく過程で、女性のバストサイズも自然と大きくなっていくものです。これは成長ホルモンの影響だということはよく知られていることですが、実は大人になった後も成長ホルモンは分泌されています。つまり成長ホルモンの分泌を促進することで、大人になってからもバストアップを実現できるのです。

成長ホルモンが身体に与える影響

成長ホルモンは、主に人間の身体の組織を修復したり、再生したりする役割を担っています。たとえば、指を切ってしまったときなどに、放っておいても傷が修復していくのは成長ホルモンの影響です。また、お酒を飲むと肝臓の機能が乱れていきますが、成長ホルモンはこうした機能を回復させることにも一役買ってくれます。このように成長ホルモンは人間の細胞にとって欠かせないホルモンのひとつです。身体のさまざまな器官に有効に働きかけることで、細胞の修復や再生を円滑に進めてくれる成長ホルモンは、女性の胸の細胞にも良い影響を与えてくれます。それだけに、成長ホルモンの分泌促進をはかることが、女性のバストアップにとってのキーワードにもなり得るのです。

成長ホルモンの分泌促進がキーワード!バストアップを実現するためには

バストアップに関係するホルモンについて

女性のバストアップを実現するうえで、成長ホルモンはとても重要な成分となります。女性の胸には乳腺と呼ばれる器官が集中しており、この乳腺が成長することで美しいバストが構築されます。乳腺の働きを活発にすることがバストアップにつながるということです。乳腺の中には成長ホルモンや女性ホルモンに反応するラクトゲン受容体という器官があります。ラクトゲン受容体はホルモンの働きに反応して肥大化します。それに伴って乳腺を大きくすることに役立ってくれます。したがって、バストアップのためには、成長ホルモンと女性ホルモンの分泌促進を目指すことが重要です。一方、女性の身体には男性ホルモンも存在します。しかし、男性ホルモンは男らしい身体を形成するためホルモンですから、逆にバストサイズを小さくしてしまう可能性があります。

バストアップに重要な成長ホルモン

バストアップを実現するためには、成長ホルモンと女性ホルモンの働きが欠かせません。中でも、女性ホルモンは女性らしい身体つきを作ることに大きく貢献してくれるホルモンです。女性ホルモンがバランスよく分泌されることで、肉体的にはもちろんのこと、精神的にも健康的な生活が送れるといわれています。一方、成長ホルモンは若返りホルモンともいわれ、細胞や組織の修復・再生を通じて、免疫力や記憶力を維持する作用を受け持っています。人間の細胞を活性化させる働きもあり、この働きこそバストアップに貢献してくれるのです。女性ホルモンは確かに女性らしい身体つきを目指すなら欠かせないホルモンです。しかし、ここに成長ホルモンが加わることで、バストアップの効果をさらに高めることが期待できます。要するにバストアップをするためには、成長ホルモンと女性ホルモンをバランスよく活性化させることが重要なのです。

無理なくバストアップしたいなら

ただし、女性ホルモンや成長ホルモンを活性化しても、それが乳腺を構成するラクトゲン受容体に届かなければ意味を持ちません。活性化した徐英ホルモンや成長ホルモンが、ラクトゲン受容体にしっかりと作用することで、バストアップ効果を期待することができるのです。ホルモンバランスを整えるためには、まず規則正しい食生活や運動習慣が欠かせません。しかし、それだけではホルモンの分泌を促進できても、ラクトゲン受容体の働きそのものを高めることは難しいのです。そこでサプリを使ってラクトゲン受容体の働きを高めてみましょう。特にアミノ酸やギャバなどはラクトゲン受容体の働きを活発化するといわれています。こうした成分を食事やサプリで積極的に摂取することで、活発化した女性ホルモンや成長ホルモンを上手に乳腺に吸収させることができます。サプリでこうした成分を摂取することは、成長ホルモンや女性ホルモンを無理なく分泌させることにもつながるので、一石二鳥の効果を期待することができるのです。

バストアップのサプリに関する情報は、バストアップに効果が高いといわれるサプリ成分を分析をご参照ください。

バストアップに良い食べ物に関する情報は、小胸で悩む10代女子必見!バストアップに効果の高い食べ物とは?をご参照ください。

成長ホルモンの分泌促進がキーワード!バストアップを実現するためには