バストアップ効果をもたらす鍵となるエストロゲンとは

バストアップ効果をもたらす鍵となるエストロゲンとは

バストがもっと大きかったらと、自分のバストサイズにコンプレックスを感じている女性は少なくありません。バストを大きくするためにさまざまな方法が考えられますが、女性ホルモンのエストロゲンがバストアップに効果を発揮してくれると言われています。バストには乳腺が張り巡らされていてそれを守るように脂肪が存在していますが、乳腺を発達させて脂肪の量を増やすことでバストも大きくなるのです。エストロゲンの効果や効率の良い摂り方について詳しく紹介していきます。

妊娠率を高める、女性らしい体つきを作るエストロゲンの効果

エストロゲンは生理が開始してから排卵前までに多く分泌され、女性の健康や美容に大きな影響を与えている女性ホルモンのひとつです。妊娠しやすい体を作ってくれるのも効果のひとつです。子宮内膜を厚くして精子の着床を助け、精子が子宮内に入りやすいように頸管粘液の分泌量を増やすように働くのです。また女性らしい魅力を引き出す働きも持ち合わせています。ツヤのある肌や髪、女性らしい丸みのあるヒップラインやバストを作ってくれるのもエストロゲンのおかげです。他にも自律神経の働きを整える働きや、骨の形成にも関係しています。女性は閉経すると骨密度が低くなるためカルシウムを十分摂取するようにすすめられますが、それは閉経によりエストロゲンが分泌されなくなるからです。

エストロゲンでバストアップするメカニズム

女性ホルモンのエストロゲンは女性らしい丸みのあるボディラインを作るのにも働いてくれます。エストロゲンでバストアップが期待できるのは、乳腺を発達させてくれるからです。バストの内部を見てみると大胸筋という筋肉と1割の乳腺、そして残りの9割は脂肪によって構成されていることがわかります。バストの大半を占めている脂肪の量がバストサイズを決める大きな鍵を握っているのです。脂肪は乳腺を守るようにして乳腺の周りに存在していて、乳腺を発達させるとそれに伴って脂肪の量が増える仕組みとなっています。つまり乳腺を発達させることがバストアップのコツなのです。そしてその乳腺を発達させてくれるのがエストロゲンです。エストロゲンの分泌量を増やすことでバストサイズを大きくできると言われています。

バストアップ効果をもたらす鍵となるエストロゲンとは

メリットだけじゃない!エストロゲンの副作用

エストロゲンがバストを大きくしてくれるなら、分泌量を増やしたいと考えてしまうでしょう。エストロゲンの分泌量を増やすためには食べ物、サプリ、化粧品、薬などで補う方法が選べますが、過剰摂取による副作用が出ることも覚えておきましょう。主な副作用として、発熱、吐き気、むくみ、食欲不振、だるさ、のぼせ、生理時期以外の不正出血といった症状が挙げられます。食品からエストロゲンを摂取しようと試みた場合、副作用は起こりにくいと言われていますがサプリやお医者さんで処方してもらった薬を服用する際は注意が必要です。効果を得たいために決められた以上の量を摂取してしまうと、副作用が起こるリスクが高くなります。サプリや薬を服用するときは決められた量を飲むようにすること、それでも副作用が出てきたときは量を減らすか一時的に服用をやめたほうがいいでしょう。

効率よくエストロゲンを増やす、摂取するには

エストロゲンを増やすには食べ物やサプリから摂取するのが主な方法です。体内でエストロゲンと似た働きをする大豆イソフラボンを含む大豆製品や、キャベツやリンゴに含まれているボロンと呼ばれる成分がエストロゲンの分泌量を活性化してくれると言われています。ボロンは熱に弱いという特性を持っていますから加熱調理して食べるのではなく、生のまま食べるようにしましょう。ボロンはそれエストロゲンの分泌を助けますが、それだけ食べていてもバストアップに効果的に働きません。ホルモンや体を作ってくれるたんぱく質と一緒に取ることで初めてバストアップが期待できるようになります。食事でバランスよくエストロゲンを摂取するのが理想ですが、難しい時はサプリメントの力を借りてみましょう。

バストアップ効果をもたらす鍵となるエストロゲンとは