バストアップ成分のジオスゲニン!気になる効果と副作用は?

バストアップ成分のジオスゲニン!気になる効果と副作用は?

胸が小さくて悩んでいる人はいませんか。胸が小さいと、洋服の着こなしに自信が持てませんね。異性に対しても消極的になってしまいがちです。だからと言って、「自分ではどうしようもないことだから…」と、あきらめるのはまだ早いですよ。ジオスゲニンを味方につければ、あなたの胸もサイズアップする可能性があります。小胸さんの救世主、ジオスゲニンについて詳しくみていきましょう。

密かな人気のジオスゲニンって一体何?

バストアップ効果が期待できると密かに人気が高まっているジオスゲニンですが、初めて耳にした人もいるかもしれませんね。ジオスゲンとは一体何者なのでしょうか。気難しい名前の正体は天然由来成分です。若返りホルモンと呼ばれるDHEA(デヒドロエピアンドロステロン)と構造が似ていることから、植物性美ホルモン成分として注目を浴びています。ジオスゲニンは、私たちが馴染みのある食べ物に含まれています。それは、日本人が縄文時代から食べ続けている山芋です。近年、ジオスゲニンを豊富に含む植物として人気急上昇中なのが、ヤマイモ科のワイルドヤム。アメリカやメキシコなどで採れる希少な植物です。日本にはそのまま輸入されていませんが、ジュースやサプリで手に入れることが可能です。

バストアップ成分のジオスゲニン!気になる効果と副作用は?

ジオストゲニンの驚くべきバストアップ効果

では、ジオスゲニンには具体的にどんな効果があるのでしょうか。ジオスゲニンは女性ホルモンのひとつであるプロゲステロンの分泌を促す働きがあります。プロゲステロンは別名卵巣ホルモンとも呼ばれ、排卵日の後から生理前にかけて分泌が盛んになります。妊娠の準備をするホルモンでもあり、乳腺を増やす効果があると言われています。乳腺が増えるのにともなって、乳腺を守る脂肪も一緒に増加します。脂肪が増えるということは、つまりバストが豊かになるということです。ジオスゲニンの効果は、それだけではありません。プロゲステロンの分泌が促進されると、ホルモンバランスが整います。体の内側からキレイになれて、肌や髪もつややかに生まれ変わることでしょう。

ジオスゲニンの効果に関する詳しい情報は、バストアップに効果的と言われるジオスゲニンって何?効果の真意は?をご参照ください。

バストアップ成分のジオスゲニン!気になる効果と副作用は?

ジオスゲニンに副作用ってあるの?

そんな嬉しい効果が期待できるジオスゲニンですが、気になってしまうのが副作用ですね。これは、ジオスゲニンに限らず言えることですが、早く効果を得たいからと言って過剰摂取は禁物です。ジオスゲニンを過剰摂取した場合、下痢や腹痛といった胃腸障害を起こす可能性があります。また、プロゲステロンの分泌を促進させる働きにより、プロゲステロンが過剰になって抑うつや疲労感、むくみや生理痛など精神面や身体面に不調が出てしまいかねません。ジオスゲニンをサプリで摂取する場合は、1日の容量をきちんと守りましょう。過剰摂取しなければ、副作用について心配しなくても大丈夫です。ただし、ワイルドヤムなど山芋で摂取する場合は、ヤマイモアレルギーの人は注意してください。

サプリを利用してジオスゲニンを効率的に摂取

ジオスゲニンを摂取するために、日々の食卓に積極的に山芋料理を取り入れるようにしましょう。すってとろろにしたり、バター醤油で焼いてステーキにしたり、食べ方も工夫すると良いですね。ただ、さすがに毎日となると飽きてしまって続けるのは難しいかもしれません。山芋が苦手な人や、料理をすると手がかゆくなってしまう人もいることでしょう。そんな人でも毎日手軽に続けられるのが、サプリを利用する方法です。サプリは、できるだけ胃が空っぽの時に飲むと吸収力が高まります。夕食から時間が経った就寝前がおすすめです。睡眠中には、成長ホルモンが分泌されるので、ジオスゲニンとの相乗効果でバストアップを目指せますよ。