漢方でバストアップ!女性ホルモンの活性化には漢方薬が効く!

漢方でバストアップ!女性ホルモンの活性化には漢方薬が効く!

バストアップにはバストマッサージやバストアップサプリの利用などが有効だとされていますが、実は漢方薬の服用も効果的です。漢方薬は自然由来の生薬なので、一般的な医薬品と比べて即効性が弱く長い期間の服用が必要となりますが、その分だけ体に優しい薬だと言えます。さらに体質や症状に合わせた調合が可能なので、バストアップ効果のある漢方薬を自分の体質に合わせて調合してもらうこともできます。

女性ホルモンが少ないとバストは発育しない?

バストの発育には、思春期における女性ホルモンの分泌が大きく関わってきます。思春期から成人するまでの期間に女性ホルモンが多く分泌されればされるほどバストが大きくなる傾向にあるのですが、女性ホルモンの分泌量は人それぞれに違うため、バストサイズに差が出てしまうのです。
女性ホルモンの分泌には生活環境が強く影響するとされており、過度なダイエットや運動、強いストレスなどは女性ホルモンの分泌を阻害する原因となります。特に思春期の子供は過敏なので、受験や人間関係や家庭環境等によってストレスを感じやすく、バストの発育に悪影響を及ぼしやすくなってしまいます。逆に言えばなんらかの理由で女性ホルモンの分泌が抑制されている状態にある方は、生活環境を変えることでバストアップが期待できる可能性があるということです。

漢方でバストアップ!女性ホルモンの活性化には漢方薬が効く!

女性ホルモンによってバストが大きくなるメカニズム

バストは9割ほどが脂肪でできているため、単純にバストの脂肪量を増やせばバストサイズは大きくなります。そしてこのバストの脂肪量増加に女性ホルモンが大きく影響します。バストには乳腺という組織があり、女性ホルモンの分泌によって刺激を受けた乳腺は発達を促されます。その結果として乳腺の周囲にある脂肪量が増加し、バストは大きく膨らむのです。つまり恒常的に女性ホルモンの分泌量を豊富に保ち、女性ホルモンがバスト全体に行き渡るよう入浴やマッサージで血行やリンパの流れをよくしてあげれば、バストの脂肪量が増加してバストアップに繋がるというわけです。妊娠中にバストが大きくなるのもこれと同じメカニズムであり、授乳期は乳腺に母乳が蓄えられることでさらにバストが膨らみます。

女性ホルモンとエストロゲンに関する情報は、女性ホルモンのバランスを変化させるエストロゲン!その素晴らしい効用と副作用をご参照ください。

漢方薬は女性ホルモンの働きにどう影響する?

バストアップには女性ホルモンが大きく関わってくるため、女性ホルモンに影響を与える効能がある漢方薬であればバストアップ効果が期待できるでしょう。ただ漢方薬の場合、女性ホルモンの働きをピンポイントで活性化させるというより、ホルモンバランスを正常に整えることで肉体が本来持っているバストの発育能力を取り戻す、という側面が強いと言えます。そのためバストアップ目的で調合してもらった漢方薬であっても、冷え性や血行不良の良化、更年期障害や生理痛の緩和、生理不順の正常化、イライラの解消によるストレスの軽減など、バストアップ以外の効能も得ることができるでしょう。そして肉体機能が正常化することで女性ホルモンの分泌もより活発になるという、ポジティブな連鎖が望めます。

漢方薬とサプリメントの違いに関する情報は、意外と知らない漢方薬とサプリメントの違い!をご参照ください。

漢方でバストアップ!女性ホルモンの活性化には漢方薬が効く!

バストアップサプリと漢方薬による相乗効果

ホルモンバランスを整えることでバストアップ効果を生み出す漢方薬は、バストアップサプリと併用することで相乗効果が見込めます。バストアップサプリには女性ホルモンの分泌を活発にする栄養素や、女性ホルモンと似た働きをする成分を含んだものが多いので、漢方薬のホルモンバランス調整効果と組み合わせることで、より効率的なバストアップが望めるでしょう。特に漢方薬による血行良化はバストアップサプリの成分をバストの隅々まで届けるのに役立つ有効な効能です。ただし体に優しい漢方とはいえ、粗悪品の服用や過剰摂取は副作用を引き起こす原因となるため、効能を信頼できる安全な商品を選び、用法と用量を正しく守る必要があります。これはバストアップサプリにも言えることです。

バストアップにおすすめな漢方薬に関する情報は、貧乳に早期対策!バストアップに効果抜群なおすすめ漢方薬をご参照ください。

女性ホルモンに効くレシピに関する情報は、バストアップしたい女性は注目!女性ホルモンが出るおすすめの食べ物とレシピは!?をご参照ください。

プロテインでのバストアップに関する情報は、プロテインでバストアップ?!その効果の仕組みとはをご参照ください。