恐ろしい副作用が!ピルとバストアップサプリの飲み合わせは危険

恐ろしい副作用が!ピルとバストアップサプリの飲み合わせは危険

ピルの服用を開始したことによって女性ホルモンのバランスが整い、胸が大きくなったという女性もいることから、バストアップを目的にピルを服用したいと考える女性もいるようです。バストアップサプリとピルの使用を迷った場合、併用しても危険性はないのでしょうか。今回はピルとバストアップサプリを併用した場合に起きる副作用についてまとめてみました。

ピルとバストアップサプリを併用!危険性は?

女性の中には「ピルとバストアップサプリの両方を飲めば、より効果的にバストアップできるのでは」と考える方もいます。しかし、ピルとバストアップサプリを飲み合わせることは、女性の体に悪影響を与えることもあります。ピルには女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステンが含有されており、服用することによって体内の女性ホルモンのバランスを調整する働きがあります。一方、バストアップサプリメントは、女性ホルモンの分泌量を増加させる働きがあります。女性の体内で分泌される女性ホルモンはごく微量であり、繊細なバランスを保ちながら体内リズムを整えています。ピルとバストアップサプリの働きはそれぞれ異なりますが、併用して使用することによって、体内の女性ホルモンの分泌量やバランスをコントロールできなくなってしまうこともあります。

恐ろしい副作用が!ピルとバストアップサプリの飲み合わせは危険

恐ろしい!ピルとバストアップサプリを併用した場合の副作用

ピルとバストアップサプリメントを飲み合わせることによって起きる副作用の代表的なものとして挙げられるのが、生理不順です。女性の生理周期は、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステンの分泌量やバランスによって作られています。ピルとバストアップサプリメントを併用することによって、体内で分泌される女性ホルモンの量や、バランスが大幅に崩れてしまい、生理が遅れたり、生理が止まってしまったりする場合があります。

次に、代表的な副作用として挙げられるのが肌荒れです。女性の体内で分泌されるエストロゲンには、肌のバリア機能をアップさせ、肌内部のコラーゲンを生成する機能を活発化させる働きがあるとされています。ピルとバストアップサプリメントを併用した場合、エストロゲンの分泌量や他の女性ホルモンとのバランスに異常が生まれ、肌のバリア機能が低下してしまうこともあります。

飲み合わせても大丈夫!バストアップに効果的な成分とは

バストアップに必要な成分として挙げられるのがタンパク質です。タンパク質は肌や髪、筋肉などの組織を作る原料となる成分です。女性ホルモンに働きかけ、バストアップの効果を促す成分を体に取り入れても、原料となるタンパク質が不足していては十分な効果を実感することはできません。タンパク質を補給するためには、豚や牛などの赤身肉、鶏肉、乳製品などを食事に取り入れるようにしましょう。ここで注意したいのが、豆乳や豆腐、おからなどの大豆製品を摂取し過ぎないことです。これらの大豆製品には大豆イソフラボンと呼ばれる成分が含まれており、ピルやバストアップサプリに含まれる成分と同様、女性ホルモンに働きかける成分でもあります。女性ホルモンのバランスを崩してしまう原因にもなるため、ピルやバストアップサプリを服用している場合は、摂取を避けるようにしましょう。

恐ろしい副作用が!ピルとバストアップサプリの飲み合わせは危険

ピルと飲み合わせても問題なし!バストケア成分

ピルと飲み合わせても問題がないバストケア成分として挙げられるのが亜鉛です。亜鉛は、タンパク質を原料に、様々な組織を生成する際に必要となるミネラル成分です。ピルが女性ホルモンに働きかけ、バストを育成する際にも必要となる成分でもあります。亜鉛が多く含まれる食材には、牡蠣や赤身肉、卵黄などが挙げられますが、食材だけでは十分な量を補給することが難しいこともあるため、サプリを利用することも良いでしょう。しかし、ピルは本来バストアップを目的に処方されるものではなく、各栄養素との相性の良し悪しが分かれやすい薬でもあります。より安全にバストアップの効果を実感したい場合は、バストアップサプリを利用することが望ましいといえます。