バストアップのためにピルを飲むときに注意するポイント

バストアップのためにピルを飲むときに注意するポイント

ピルがバストアップに効果的などと聞いたことはありませんか?この情報が正しいのかどうか検討してみると、ピルの効果や副作用、正しい服用の仕方などをしっかりと頭に入れた上で、ピルを選択するかどうかを決めることが必要だとわかりました。そこで今回は、ピルではなくサプリという選択肢があることをご紹介します。ピルと比べ副作用も少なく、自然な効果が期待できるその理由と、ピルとの関係性についても注意してみましょう。バストアップを望む方には必見な情報だらけですので、最後までお読みください。

避妊薬のピルでバストアップする理由と仕組み

バストアップにピルの成分自体が直接作用すると言うわけではありません。バストアップには女性ホルモンが関係しているのですが、ピルにはその女性ホルモンが含まれています。ピルはよく避妊薬として使われますが、月経周期の安定や、体調を整えるために飲むこともしばしばあります。ですから、バストアップを目的としてピルが処方されることはなく、あくまで治療という形でしか服用できません。ある意味、バストアップするかもしれないというのは副作用と言っても良いでしょう。そして残念ながらピルの服用をやめてしまうと、それまでのホルモン量が減ってしまうのでバストダウンしてしまうこともあります。安易な使用は禁物と言うことですね。

ピルとバストアップサプリとの併用は注意!

ピルには女性ホルモンが含まれています。そして、市販されているバストアップサプリというものも女性ホルモンを含んでいます。そのため、単純に両方を同時に摂取してしまうと女性ホルモンが過剰に存在することになり危険です。ひどい生理痛やPMS、偏頭痛など、過剰な女性ホルモンによる副作用は数多くあります。バストアップのためにサプリを摂取することが悪いことではありません。しかし、ピルを服用することになったときは、お医者さんにサプリを摂取していると伝え、どのようにピルを服用すべきかアドバイスをもらう方が体のためでしょう。

ピルとバストアップの併用に関する情報は、恐ろしい副作用が!ピルとバストアップサプリの飲み合わせは危険をご参照ください。

バストアップのためにピルを飲むときに注意するポイント

ピルを服用した場合のメリットとデメリットとは

よく知られているピルの効果は避妊です。それは女性ホルモンを摂取し、疑似妊娠状態をつくりだすことで可能にしています。また、女性ホルモンが通常より多く体内にあるため、バストアップの効果もあります。ただ、一方でピルにはプラス効果をもつ女性ホルモンだけが含まれているわけではありません。あまり良い影響を与えないホルモンも含まれており、避妊という目的には必要なのですが、症状としては吹き出物が出る、むくみ、シミができるといったものがあります。また、ピルと直接関係しているわけではありませんが、ピルの服用でホルモンバランスが変化し食欲旺盛になるという人もいます。そのため、食べ過ぎて太ってしまうというおもいがけない副作用にみまわれることもしばしばあるようです。

バストアップのためにピルを飲むときに注意するポイント

バストアップを目的としたピルの入手方法

ピルは通常病院で診察を受け、処方されて始めて購入することができます。一方、個人的に海外から輸入するという手もあります。これは正当に販売されているので、この行為自体は全く問題ありません。しかし、低用量ピルからホルモン量が多いピルまで様々なものが売られており、正しい情報をしっかりと読み抜く必要があります。海外の場合日本語以外で説明されている場合もあるでしょうし、必要のないホルモンや、日本人には合わないものまで含まれているかもしれません。個人輸入した結果は全て自己責任になってしまうことに注意しなければなりません。また、ピルではなくサプリの方が同じ値段でもホルモン量が多い場合もあり、国内で安全に購入するならサプリに頼る方が良いでしょう。