避妊薬のピルでバストアップできる?効果と副作用のリスクについて

避妊薬のピルでバストアップできる?効果と副作用のリスクについて

避妊薬のピルを飲んでいたら胸が大きくなったという人がいるようですが、実際の効果はどうなのでしょうか。ピルは避妊のためのものというイメージがありますが、女性ホルモンのエストロゲンが含まれているので、ピルとバストアップには意外な関係性がありそうです。ただし、ピルには副作用の危険性もあるので、バストアップを目的とするならバストアップサプリを飲む方が良いかもしれません。ここでは避妊薬のピルでバストアップできるのかどうか、その仕組みやリスクなどについて説明していきます。

避妊薬のピルでバストアップできるって本当?

ピルは経口避妊薬とも言われます。避妊効果がありますが、生理のタイミングを早めたり遅らせたりすることもできます。「旅行の予定と生理がかぶってしまって、生理日をずらしたい」などの理由で、ピルを服用したことがある人もいるのではないでしょうか。最近では月経痛を抑えるために飲んだり、生理時のメンタルを整えてPMS(月経前症候群)を緩和するために飲んだりしている女性も多いといいます。実は、ピルを飲んでいたら胸が大きくなったという人もいるようです。避妊薬のピルには女性ホルモンが含まれているので、その成分によってお肌がきれいになったり、バストアップしたりという効果があるのでしょうね。ピルでバストが大きくなるとは驚きです。

避妊薬のピルでバストアップできる?効果と副作用のリスクについて

ピルがバストアップにつながる仕組みについて

避妊薬のピルには、『エストロゲン』や『プロゲステロン』といった女性ホルモンが含まれています。ピルを服用するとこれらの女性ホルモンが脳に働きかけ、ホルモンバランスが妊娠している時と同じ状態になります。妊娠時は排卵の必要がないので、脳が妊娠している状態だと勘違いすることで排卵が止まり、避妊できるという仕組みになっています。ピルに含まれているこのエストロゲンは、実はバストアップにも効果があるようです。エストロゲンには乳房を発達させる働きがあり、胸の脂肪が増える作用があります。胸の脂肪が増えるということはバストが大きくなるということですね。そのため、避妊のつもりや生理の悩みでピルを飲んでいたらいつの間にかバストアップしていたということが起こるようです。

関連記事:女性ホルモンのバランスを変化させるエストロゲン!その素晴らしい効用と副作用

ピルとバストアップの意外な関係性とリスクとは?

ピルは避妊のためだけでなく、生理不順の改善や月経痛の緩和などのためにも服用されています。ピルに含まれる女性ホルモンのエストロゲンは、バストアップに効果的なホルモンとされているので、ピルでバストアップしたとしても不思議なことではないようです。ただ、ピルは治療目的のために病院で処方されるものなので、バストアップを目的とした処方はされていません。また、ピルにはエストロゲンだけでなく、プロゲステロンも含まれています。プロゲステロンはシミやニキビができる原因となったり、むくみが生じたりすることもあります。ピルのエストロゲンとプロゲステロンはいずれも人口的な作用なので、ピルの効果の一部分で胸が大きくなったとしても、排卵が止まることの身体への影響やリスクも考えた方が良いですね。

ピルとバストアップの関係性に関する情報は、恐ろしい副作用が!ピルとバストアップサプリの飲み合わせは危険をご参照ください。

ピルをどのくらいの期間飲むとバストアップに効果があるの?

もともとピルは避妊薬なので、飲めば排卵は起こらなくなりますが、バストアップの方は個人差が大きいようです。ピルはバストのために処方されるものではないので、胸が大きくなるのは副作用と言えるでしょう。どのくらいの期間ピルを飲み続ければ胸が大きくなるかというのは、分からないというのが実情のようです。ピルの人工的な作用によって、身体に不調が出るなどの副作用もあるため、あまり長期間服用を続けられない人もいます。バストアップを目的とするなら、ピルではなくバストアップサプリを飲むことがおすすめです。ピルとは異なり植物性の成分が配合されていて、自然にバストアップが実現できると言われています。バストアップサプリにはエストロゲンがメインに含まれているところも魅力ではないでしょうか。

バストアップでピルを飲むときの注意点に関する情報は、バストアップのためにピルを飲むときに注意するポイントをご参照ください。

避妊薬のピルでバストアップできる?効果と副作用のリスクについて