飲むだけでバストアップ?ピルが人体にもたらす効果とリスク

飲むだけでバストアップ?ピルが人体にもたらす効果とリスク

バストの形や大きさは女性にとっては特に気になるものであり、世の中にはさまざまなバストアップの方法が流布されています。その中でも、話によく聞くのがピルによるバストアップです。ピルと言えばまず連想するのが避妊薬ですが、なぜそれでバストが大きくなるのかと不思議に思う方もいるでしょう。それに、心配なのはなんといっても副作用です。そこで、ピルの服用がバストアップにつながるメカニズムとそれがもたらす副作用の可能性についてまとめてみました、

ピルがバストアップに効果があると言われる理由

そもそも、ピルは最初から避妊薬として普及していったものではありません。1960年に、生理痛や生理不順のための薬として開発され、その後、改良を重ねて避妊薬としても使用できるようになったのです。ピルは女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンを混合して作られたものであり、それを服用することでホルモンバランスを生理前、もしくは妊娠時と同じ状態にする働きがあります。生理不順の改善や避妊に効果があるのはそのためです。

さて、ピルの服用がバストアップにつながると言われる理由ですが、これはホルモンバランスが妊娠時と同じ状態になることが関係しています。ピルの成分が体内に吸収されると、中に含まれるエストロゲンとプロゲステロンが妊娠時と同じように乳腺を刺激します。そして、エストロゲンは乳腺を増殖させ、プロゲステロンは増えた乳腺を成長させるため、それらを保護しようと乳腺の周囲に脂肪がつきやすくなるのです。つまり、ピルを服用すると、妊娠時と同じように胸が膨らんでいく可能性は、確かにあると言えます。ただ、これはピルの開発者が狙ったものではなく、あくまでも単なる副産物にすぎないのです。

関連記事:女性ホルモンのバランスを変化させるエストロゲン!その素晴らしい効用と副作用

効果と副作用のリスクが釣り合わないピルによるバストアップ

副産物であってもバストアップができるならそれでいいと思う方もいるかもしれません。しかし、ピルは本来、バストアップのために開発された薬ではありませんから、その効果はあくまでも、『効果がある場合もある』という程度にすぎません。しかも、一般的に避妊薬として使われている低用量ピルでは、女性ホルモンの量が少なくて大きな効果は期待できないのです。大半の人はせいぜいちょっと胸が張っているなと感じる程度です。だからと言って、女性ホルモンが多く含まれている中用量ピルを用いると、不正出血、めまい、吐き気、頭痛など、かなり重い副作用が出る恐れがあります。さらに、副作用の少ない低用量ピルであってもプロゲステロンの働きにより、ニキビ、シミ、むくみなどの美容にとってマイナスの効果を及ぼす可能性があるのです。その上、ピルの長期服用は人体にさまざまなリスクをもたらします。乳房痛、下腹部痛、不正性器出血などの他に、特に怖いのが、血栓症や心筋梗塞のリスクを高めると言われている点です。効果が不確かなもののためにここまでのリスクを負うのは割にあわないのではないでしょうか。したがって、本来の目的以外にピルを使用することはあまりおすすめできません。

飲むだけでバストアップ?ピルが人体にもたらす効果とリスク

ピルの服用がバストアップにつながりやすい人の3つの特徴

ピルの服用によるバストアップは、効果が不確かなものですが、その中でも胸が大きくなりやすい人とそうでない人はいるようです。まず、もともと太りやすい体質の人はピルの服用によっても乳腺の周りに脂肪がつく可能性は高くなります。次に、基礎体温の高い人は血の巡りがよく、ピルの成分もしっかりと行き渡るので高い効果が期待できます。また、タバコを吸う人は卵巣の働きが悪くなり、エストロゲンが作られにくくなるため、バストアップ効果はあまり期待できないでしょう。逆に言えば、タバコを吸わない人はバストアップ効果を得やすいとも言えます。以上のような条件に当てはまる人なら、他の目的でピルを飲んでいたとしても、たまたま胸が大きくなったという恩恵にあずかれるかもしれません。ただし、例えば、妊娠して胸が大きくなっても出産後はしぼんでしまうのと同じで、ピルの効果によるバストアップは、あくまでも薬を服用している間の一時的なものであることを忘れないでください。

飲むだけでバストアップ?ピルが人体にもたらす効果とリスク

ピルより安全で効果的なバストアップ法

ピルの服用はバストアップのために使うのには副作用によるリスクが高すぎます。ピルを使うくらいであれば、食生活の見直しから始めた方がよっぽど安全で効果的です。例えば、大豆に含まれている大豆イソフラポンという栄養素は、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンと非常に近い働きをします。納豆イソフラポンが体内に取り込まれると、エストロゲンが分泌された時と同じように、乳腺細胞が増えてバストアップの下地を作り始めるのです。したがって、納豆、豆腐、味噌、豆乳などといった納豆イソフラポンを豊富含む食べ物を摂取しているとバストアップにつながるという理屈になります。

バストアップに効くレシピに関する情報は、バストアップしたい女性は注目!女性ホルモンが出るおすすめの食べ物とレシピは!?をご参照ください。

ただ、食事では食べられる量に限界がありますし、栄養の吸収率にも個人差があります。そこで、おすすめなのが大豆イソフラポンのサプリです。サプリであれば、食事よりも効率よく、かつ気軽に栄養を摂取することができます。また、イソフラポンに近い成分を大量に持つプエラリアというタイのマメ科植物があります。それを原料にしてつくったサプリもバストアップ効果が期待できます。これらは、バストアップに特化した成分が配合されているため、ピルよりもずっと大きな効果が期待できますし、バストアップのための服用を想定していないピルとは異なり、予想外の副作用もありません。ただし、たくさん取ればばそれだけ効き目があるからと、際限なく摂取してよいものではありません。過剰摂取を続けると体調を崩す可能性があるのは、サプリも食品も同じです。したがって、サプリの場合でも必ず用法用量を守って使用することが大切です。

バストアップに効くプエラリアに関する情報は、バストを大きくすると言われるプエラリアとその理由はなに?をご参照ください。