バストアップに効果的?!ピルの使用は安全それとも危険?

バストアップに効果的?!ピルの使用は安全それとも危険?

避妊や、月経痛、PMSの治療などを目的に使用されることが一般的なピルですが、服用を続けることによってバストにハリが生まれ、サイズがアップする効果があるともいわれています。しかし、バストアップ目的でピルを服用することは安全なのでしょうか?今回は、ピルを服用することによって胸が大きくなるメカニズムと、使用することによって起こる副作用についてまとめてみました。

ピルによって胸が大きくなるのはなぜ?

ピルは別名「経口避妊薬」とも呼ばれており、避妊の他にも、月経痛の改善やPMS治療に使用されることが多い薬です。日本では、産婦人科に行き、1度専門医に相談しなければ、ピルを手に入れることはできません。ピルには女性ホルモンである「エストロゲン」と「プロゲステン」が含まれており、体内の女性ホルモン分泌に働きかけます。ピルは体内のエストロゲンやプロゲステンの量を調整し、脳に「体が妊娠している状態だ」と錯覚させることで排卵を抑え、受精のリスクを避ける効果をもたらします。ピルに含まれるエストロゲンには、胸の発達を促す効果があるとされています。このため、ピルの服用を開始することによって、エストロゲン量が増加し、バストアップすることに繋がるといわれています。

ピルを飲んでバストアップしやすい人とは

ピルを服用することによって、バストアップしやすい人と、そうでない人には体質や生活習慣に違いがあります。まず、ピルを服用することによってバストアップ効果を得やすい人の特徴として挙げられるのが、体に脂肪が付きやすい体質であるという点です。ピルによって胸の乳腺が発達した場合であっても、その周りの脂肪細胞が増えなければ、バストアップ効果は得にくいといえます。次に、ピルによってバストアップ効果を得やすい人の特徴として挙げられるのが、基礎体温が高いという点です。体外から摂取された栄養素は、血液を介して全身に運ばれます。基礎体温の低い方は、血流も滞ってしまいがちであるため、バストアップに効果的なエストロゲンなどの成分を、十分に胸に運搬できないこともあります。

関連記事:避妊薬のピルでバストアップできる?効果と副作用のリスクについて

バストアップに効果的?!ピルの使用は安全それとも危険?

ピルに副作用はある?隠れた危険性とは

ピルは女性ホルモンのバランスに影響を与える薬であるため、体に副作用をもたらすこともあります。ピルを服用することによって起こる副作用として挙げられるのは、不正出血や肌荒れ、肌トラブルの悪化、頭痛、悪心などが挙げられます。不正出血はピルを服用することによってホルモンバランスが一時的に乱れてしまうことで、本来の生理周期と違う時期に出血してしまうことによって起きる場合もあります。またピルに含まれるプロゲステンと呼ばれる女性ホルモンは、シミを濃くしたり、肌のバリア機能を低下させたりする働きを持つといわれています。ピルは、一時的に体を妊娠状態と近い状態にする働きがあるため、服用することでつわりのような症状が表れる場合もあり、悪心や頭痛などの症状が表れることもあります。

関連記事:飲むだけでバストアップ?ピルが人体にもたらす効果とリスク
関連記事:恐ろしい副作用が!ピルとバストアップサプリの飲み合わせは危険

バストアップに効果的?!ピルの使用は安全それとも危険?

バストアップサプリとピル、効果的なのはどっち?

ピルは本来、女性特有の病状の治療や避妊を目的に処方されるものです。バストアップのみを目的とした場合は、病院で処方してもらうことは難しい場合もあります。ピルを海外から個人輸入し、使用することも出来ますが、安全性が保障されていないこともあり、服用に抵抗を感じるという方も多いのではないでしょうか。女性ホルモンの分泌を活発化させ、バストアップの効果を実感したい場合は、バストアップサプリメントを利用した方が効率よくバストケアを行うことができます。ピルには、プロゲステンなどの、美容に悪影響を与える女性ホルモンも含有されていますが、バストアップサプリメントはそれらの成分は含有されておらず、バストアップに効果的な成分のみを配合している場合が多いためです。バストアップサプリメントはピルよりも副作用が少なく、続けやすいことも特徴として挙げられます。

ピルを飲むときの注意点に関する情報は、バストアップのためにピルを飲むときに注意するポイントをご参照ください。