出産後のバストケア!副作用なくバストアップサプリを服用するためのポイントとは?

出産後のバストケア!副作用なくバストアップサプリを服用するためのポイントとは?

女性のバストは妊娠・出産を経て大きく膨らむものの、卒乳・断乳後は女性ホルモンが減少することでしぼむように小さくなっていきます。加えてバストが膨らみ重くなっていた頃の影響でクーパー靱帯が伸びたり切れたりするせいで、出産後のママはバストが垂れる・バストの形が崩れるといった問題に悩まされがちです。それゆえ多くの方がバストアップを望むのですが、出産後のママは子育てで忙しいので、なかなかバストアップのための時間を取るのは難しいでしょう。そんなママたちの悩みの解決に、バストアップ効果のあるサプリが役立ちます。

出産後のママは忙しい!

出産後は女性ホルモンが減少する影響でバストが垂れてしまったり形崩れしてしまったりするので、どうにか以前のような張りのあるバストを取り戻そうと、バストアップを望む方も多いでしょう。またバストアップと並行して、妊娠中に増えてしまった体重を減らすためのダイエットをしたいと考える方もいるのではないでしょうか。けれども子育てママは1~2時間ごとの授乳に加え、赤ちゃんのおむつ替えや着替え、泣いている赤ちゃんをあやしたり寝かしつけたりなどのお世話でとても忙しく、さらにその合間に家事もしなくてはいけません。出産後の体力の落ちた状態ではこれらを毎日こなすだけでくたくたになり、バストアップやダイエットのための時間を作るのは困難だと言えるでしょう。昔のような体型を取り戻したいのにそうするための時間が取れない、それが子育てママの厳しい現実なのです。

出産後のバストケア!副作用なくバストアップサプリを服用するためのポイントとは?

サプリを飲んで時間をかけずにバストアップ!

バストアップをしたいけれども時間がなくて難しいという方は、サプリを利用してみるというのも1つの選択肢です。バストアップで肝心なのは乳腺を発達させて乳腺付近の脂肪量を増大させることなのですが、そのために必要となる主な成分が女性ホルモンです。女性ホルモンの分泌を促すにはビタミンEやビタミンB6、イソフラボンやボロンといった栄養素が有効ではあるものの、それらを毎日の食事で摂取し続けるのは大変ですし、バストアップに気を取られすぎて子育てがおろそかになっては元も子もありません。その点サプリなら服用に時間がかかりませんし、バストアップのための成分をピンポイントで補給できるので便利です。またバストアップを目的としたサプリの中には、脂肪燃焼や糖分カットや油分カットなどの効果を持つダイエット成分を含んだものもありますので、バストアップとダイエットを両立させることも可能です。

サプリ服用時に注意すべきポイントとは?

バストアップサプリは便利ですが、気をつけなければいけない注意点もあります。まず服用の時期ですが、妊娠・授乳中のサプリの服用は避けましょう。この時期はママが摂取した成分が赤ちゃんの栄養にもなるため、一部の栄養成分に特化したサプリの服用は赤ちゃんに悪影響を与えてしまう可能性があります。また卒乳・断乳後もしばらくはホルモンバランスが不安定ですから、サプリの利用は控えたほうがいいでしょう。ホルモンバランスが整ってくるのは卒乳・断乳後からおよそ3カ月が経過した頃だとされています。サプリの服用は最低でもそれくらいの期間様子を見てから始めるようにしましょう。そしてサプリの種類によっては体質に合わず効果が出ないことも考えられるため、サプリ選びには注意が必要です。さらに早く効果を得たくて過剰な量を服用したり、成分に不純物が混じっていたりすることで副作用を招く危険性もあるので、サプリを使用する際は用法・用量を正しく守り、成分表によく目を通すなどして安全性をしっかりと確認しましょう。

他のバストケアも同時に行えば効果アップ!

サプリの服用と並行して他のバストケアを行うことで、バストアップ効果はより高まります。特に血行やリンパの流れをよくするバストマッサージは相乗効果が期待できるでしょう。バストマッサージは鎖骨付近や脇腹といった血管の多い部分を優しく揉みほぐすことで、バスト全体に栄養素や女性ホルモンを行き渡らせるというバストアップ方法なのですが、サプリでバストアップ成分を補給してから行えば、より効率的にバストアップ効果が得られます。さらにバストを支える大胸筋を鍛えることもバストアップに繋がります。胸の前で手のひらを強く押し合わせるエクササイズや腕立て伏せなどのトレーニングが有効ですが、あまり負荷をかけすぎると逆効果となる場合がありますから、適度な強度と分量を心がけましょう。またクーパー靱帯を保護することもバストアップには大切なので、ナイトブラの着用も効果的です。

出産後のバストケア!副作用なくバストアップサプリを服用するためのポイントとは?