怖い!バストアップサプリで生じる副作用

怖い!バストアップサプリで生じる副作用

美と健康を求めてさまざまなサプリが使われるようになり、小さな胸の悩みをサプリで解消したいと考えている人も少なからずいるのではないでしょうか?しかし、バストアップサプリの中には副作用がある成分が含まれている場合もあります。これからバストアップサプリを始めてみようと考えている人の中には、副作用が怖くて二の足を踏んでいる人もいるのでは?ここでは、バストアップサプリで副作用を起こす要因とサプリを選ぶ際のポイントについて紹介します。

バストアップサプリの副作用でどんな症状が起きるの?

バストアップサプリにはイソフラボンなどに代表される女性ホルモンに似た成分を含んでいるものが多くみられます。これは、体内の女性ホルモンを増やすことで脳を刺激し、乳腺とそれを保護する役割を持つ脂肪を発達させ、バストアップにつなげるためです。女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンがあります。通常、この2つのホルモンは生理周期に合わせ、どちらかが優位になりバランスを保っています。しかし、効果があると評判のサプリの中にはプエラリアという成分を含むものがあり、副作用を起こしやすいことでも知られています。副作用の現れ方はひとによってさまざまですが、月経不順、吐き気、頭痛、肌荒れ、腹痛、倦怠感、貧血などを訴える人がいます。これらの副作用はなぜ起きてしまうのでしょうか?

バストアップサプリの副作用に関する詳細な情報は、バストアップサプリを副作用なしで服用することは可能なのか?をご参照ください。

バストアップサプリの過剰摂取はNG?!副作用が起きる要因は?

女性ホルモンに似た成分を含むサプリは、本来、ホルモンバランスを整える効果でバストアップさせることを目的としています。しかし、これらのサプリを過剰摂取することは逆にホルモンバランスを崩し、副作用を起こすと考えられています。プエラリアは植物性エストロゲンとしてイソフラボンの40倍もの作用があると言われています。そのため、体内の女性ホルモンにとても強い影響を及ぼし、副作用を起こしやすいというのです。また、通常女性の体は生理の終わり頃から排卵前にかけてエストロゲンの分泌が増え、その後はプロゲステロンが多く分泌されるといったように自然にバランスを保っています。ところが、このバランスを無視して大量のエストロゲンを摂取してしまうと、体が拒否反応を起こし副作用として現れてしまうことがあります。

バストアップサプリの副作用の症状に関する詳細な情報は、必見!バストアップサプリにおける副作用の症状とは!?をご参照ください。

副作用が起きやすいのはこんな人!あなたも注意!

副作用が起きやすいのは、生理中の人、妊娠・授乳中の人、サプリを飲み始めたばかりの人などです。生理中、妊娠・授乳中については、通常プロゲステロンが多く分泌されエストロゲンよりも優位になっています。ところが、その時期にエストロゲンを過剰に摂取してしまうと、これらのバランスが崩れてしまい副作用につながると言われています。また、サプリを飲み始めたばかりの人はサプリの効果による急激なホルモンバランスの変化に体がついていけないため、副作用を起こしやすい状態になっています。このような場合には、指示されている1日の摂取量よりも2分の1あるいは3分の1の量から始め、体が慣れるにしたがって徐々に指示された量に増やしていくと良いでしょう。いずれにしても、サプリの過剰摂取は体に害を与えることもあるということを覚えておきましょう。

バストアップを選ぶ際のポイント

バストアップサプリの効果を得るには、2〜3ヶ月以上は飲み続けること、サプリを自分に合った量に調節することが大切と言われています。市販のサプリは、1日分のプエラリア含有量が100〜700mgほどとかなり幅があります。また、1日に飲む量も1粒であったり3粒であったりとサプリによって異なります。そこで、量を調節するには1日分のサプリが数粒に分かれていて、始めはプエラリアの含有量が多過ぎないものが良いでしょう。また、プエラリアはタイ北部に自生するマメ科の植物であるプエラリアミリフィカと呼ばれる植物が原料となっています。ですから、純正のプエラリアミリフィカを含む質の良いサプリを選び、有効成分以外の副作用を抑えることも大切です。あなたも自分に合ったサプリを見つけて効果を実感してみてください。

プエラリアに関する詳細な情報は、バストアップサプリで注目のプエラリア、その副作用とは?をご参照ください。

怖い!バストアップサプリで生じる副作用