巷で話題のレッドクローバーとは?女性を美しする味方の存在に迫ります!

巷で話題のレッドクローバーとは?女性を美しする味方の存在に迫ります!

女性の美容と健康に効果的なハーブとして最近よく耳にするレッドクローバーですが、その名前をすでに知っているという方も多いのではないでしょうか。レッドクローバーはマメ科のハーブで、バストアップ効果や骨粗しょう症などの予防が期待されています。女性には欠かせない成分がぎっしりつまったレッドクローバーで、美しく健康的な体を手に入れてみましょう。それでは気になるレッドクローバーについて、詳細を見ていきましょう。

レッドクローバーはどんな成分でできている?

レッドクローバーを構成している成分に、女性ホルモンの一種であるエストロゲンに似たイソフラボンがあります。女性の胸を豊かにするために欠かせない分泌物であるエストロゲンは、加齢により分泌量が減少したり、ストレスや睡眠不足などで分泌されなくなったりします。レッドクローバーに含まれているイソフラボンはエストロゲンを補う役割を果たし、肌をキレイにしたりコレステロール値を下げたり、または骨粗しょう症になるのを抑制したりします。一方でイソフラボンは、体の中に過剰なエストロゲンが分泌されてしまったときにそれを抑える役目である抗エストロゲン作用も持っています。イソフラボンを積極的に摂取することで体内のエストロゲンの過不足を調整できるので、なるべく多く摂取しておきたい成分と言えます。

エストロゲンに関する詳細な情報は、バストアップに効果があるエストロゲン!どういう食べ物が効く!?をご参照ください。

巷で話題のレッドクローバーとは?女性を美しする味方の存在に迫ります!

レッドクローバーのバストアップ効果とは

イソフラボンが大豆のおよそ20倍も多く含まれているレッドクローバーには、バストアップ効果も期待できます。胸のサイズが大きくならない理由にはいくつかの原因が考えられますが、ひとつにはホルモンの分泌がたりなかったり一定していなかったりという理由が挙げられるでしょう。レッドクローバーに含まれているイソフラボンは、フォルモノネチンやバイオカニンAといったものが主成分であると言われており、大豆イソフラボンよりも吸収力が高いという特徴があります。そのため、ホルモンの分泌を効果的に助けることができ、ホルモンによる乳腺への刺激が効率的に促されます。

レッドクローバーの摂取方法は食事やサプリなどで

レッドクローバーはよくお茶として飲まれるハーブです。レッドクローバーティーにして飲むと体が温まり、基礎代謝が高まったり血行が良くなったりして、より美容と健康に効果を発揮します。また、サラダに入れたりスムージーを作るときに混ぜたりすることで、レッドクローバーの栄養成分を丸ごと体内に取り込むことが可能になります。一方、より効率的にレッドクローバーの作用を実感したいなら、サプリメントを利用するのも良いでしょう。自炊はあまりしないという人や、レッドクローバーには独特の香りがあるので苦手という人も、サプリなら手軽にイソフラボンを摂取できます。レッドクローバー系のサプリはたくさんあり、バストアップ効果に焦点を当てたものも多く売られているので、自分の好みに合ったものを選んでみてください。

巷で話題のレッドクローバーとは?女性を美しする味方の存在に迫ります!

レッドクローバーを摂取する際に気をつけたいこと

レッドクローバーにはほとんど副作用がないと言われていますが、女性ホルモンの分泌が不安定になっている妊娠中や授乳中は、摂取を避けた方が良いでしょう。特に妊娠中はホルモンを大きく乱してしまう恐れがあるので、胎児に影響を与えてしまったり、流産してしまったりする可能性が否定できません。また、授乳中も避けるべきであり、過剰なホルモン作用によって赤ちゃんが嘔吐や頭痛の症状に見舞われる危険性があります。一方、ホルモン治療や婦人科系のがんで抗がん剤治療をしている人も、安易にレッドクローバーを摂取しないようにしましょう。レッドクローバーを口にして良いかどうかは、担当する医師に相談した上で決めることが大切です。