ルイボスティーはバストアップに効く!?

ルイボスティーはバストアップに効く!?

小さな胸に悩んで、自分には女性らしさが欠けているのではないか、男性にモテないのではないかと悩んでいる人も少なからずいるのではないでしょうか?本当のところ、小さな胸も個性の一つ、全ての男性が大きな胸の女性に魅力を感じているわけではないのでしょうが、小さな胸というコンプレックスをなくして、明るく、恋愛に対しても前向きになれたら嬉しいですよね。そこで、健康や美容に効果的と言われるルイボスティーによるバストアップ法をご紹介します。

バストアップには女性ホルモンが大切

女性らしさの象徴でもあるバストは、女性ホルモンに深く関わっています。女性ホルモンには、エストロゲンと、プロゲステロンの2種類があります。エストロゲンは肌や髪をつやつやにし、女性らしい丸みを帯びた体にします。一方、プロゲステロンは妊娠や出産に関わり、このホルモンが優位の時には肌荒れや便秘、怠惰感などがあり、あまり気分が優れないものです。豊かな胸を手に入れるには、これらのホルモンバランスを整えることが大切です。しかし、これらは体温による影響を受けやすいと言われています。例えば、慢性的な冷え性の場合、血流やリンパの流れが滞ります。すると、脳がストレスを感じ、女性ホルモンの分泌が減少してしまうのです。つまり、冷え性は貧乳の原因になりうるわけです。

女性ホルモンに関する詳細な情報は、成長ホルモンの分泌促進がキーワード!バストアップを実現するためにはをご参照ください。

バストアップ効果がある!?ルイボスティーとはどんなお茶

健康や美容に効果があると人気のルイボスティーとは、南アフリカの高地に自生するマメ科植物を発酵させたお茶で、鮮やかな赤い色が特徴です。このお茶は数百年も前からケープ地方の先住民であるコイサン人によって、奇跡のお茶、不老長寿のお茶として親しまれてきました。それもそのはず、ルイボスティーにはビタミンやミネラル、フラボノイドなど、健康や美容に良いとされる成分が豊富に含まれているのです。これらは、食物の消化を助けエネルギーを作り出す手助けや、肌や粘膜の調子を整える、生命維持、抗酸化作用で老化の原因とも言われる活性化酸素を撃退するなど、さまざまな役割を担っています。また、SODと呼ばれる活性酸素分解酵素をもつ数少ないハーブとしても知られています。

ルイボスティーはバストアップに効く!?

バストアップに効果があるルイボスティーの成分

では、肝心のバストアップに効果のある成分とはなんでしょう?まず注目したいのは、ルイボスティーに豊富に含まれるフラボノイドです。フラボノイドはポリフェノールの一種で、ルイボスティーにはアスパラチンやイソオリエンチン、ルチンといった数多くのフラボノイドが含まれています。これらは、抗酸化作用だけでなく栄養吸収を助けたり、ストレス解消によるリフレッシュ効果があったり、女性ホルモンの分泌を促進したりすると言われています。またフラボノイドの中には安眠効果のあるものもあり、質の良い眠りが女性ホルモンの分泌促します。さらに、血流改善に効果のあるビタミンEがバストのハリを高め、亜鉛がエストロゲンを活性化させるなど、ルイボスティーにはバストアップに効果のあるたくさんの成分が含まれています。

バストアップ効果を高めるルイボスティーの飲み方

苦みやクセもなく飲みやすいとされるルイボスティーですが、バストアップ効果を高めるには、いつ、どのように飲めば良いのでしょうか?まずは時間ですが、ルイボスティーはカフェインフリーで睡眠の妨げになることがないため、いつ飲んでも構いません。毎日1〜3杯のルイボスティーを毎日継続して飲むことが大切です。また、バストアップ効果のあるフラボノイド、ビタミンEは水溶性で熱にも強いため、10〜15分煮沸抽出してから飲むと、より多くの有効成分を取ることができます。このように、ルイボスティーは女性ホルモンの分泌や血行を促進する作用がバストアップに効果があると言われていますが、もっと手軽に、女性ホルモンに働きかけるサプリメントなどもあるので、ルイボスティーと合わせて試してみてもいいですね。

食べ物と合わせると良いサプリメントに関する詳細な情報は、バストアップには食べ物とサプリメントの合わせ技がカギ?をご参照ください。

ルイボスティーはバストアップに効く!?