バストアップを目指す女性必見!毎日食べたい納豆の育乳効果とは?

バストアップを目指す女性必見!毎日食べたい納豆の育乳効果とは?

豊かなハリのあるバストは女性らしさの象徴ではないでしょうか。もっと胸が大きくなりたいと願っていろいろな努力をする人もいます。「育乳」という言葉が知られるようになっていますが、バストアップに効果的な食べ物やエクササイズなどに関心を持つ人は多いでしょう。日本人の国民食とも言える納豆はバストアップを目指す女性にとって強い味方となる食材だということを知っていましたか。ここでは、納豆の持つ育乳効果をご紹介します。

バストの材料である脂肪細胞を納豆の良質のタンパク質で育てよう

豊かなバストを作るのに納豆が効果的とされる理由のひとつは納豆から良質のタンパク質が摂取できるからです。女性のバストは10%の乳腺と90%の脂肪で構成されています。この脂肪の材料となるのがタンパク質です。納豆の成分に含まれるナットウキナーゼはタンパク質を分解して吸収をよくする働きがあり、バストの脂肪部分の発達を助けてくれます。納豆はタンパク質の王様とも呼ばれており、良質なたんぱく質が取れることでも知られています。卵や肉からもタンパク質は取れますが、これらには飽和脂肪酸が含まれ、悪玉コレステロールが高くなる原因ともなるので、健康をトータルで考えると納豆で良質なたんぱく質を取るほうが良いでしょう。

たんぱく質に関する詳細な情報は、バストアップに欠かせないのはたんぱく質をご参照ください。

バストアップを目指す女性必見!毎日食べたい納豆の育乳効果とは?

植物性エストロゲン!?大豆イソフラボンが持つ驚くべき働き

女性らしいふっくらと丸みを帯びた体を作るのが、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの働きであることはよく知られています。エストロゲンはバストを構成する乳腺細胞にも働きかけ、乳腺を成長させる作用もあります。実は納豆の原材料である大豆に含まれる大豆イソフラボンは「植物性エストロゲン」という別名があるのです。これは、大豆イソフラボンが体内でエストロゲンとよく似た働きをすることから付けられています。エストロゲンと似た分子構造のイソフラボンはバストを大きくするよう働きかけます。老化や冷え、睡眠不足やストレスなど少しの変化で減少してしまいがちなエストロゲンですが、納豆を食べることで外から補うことができるのは嬉しいです。納豆を継続的に摂ると女性ホルモンの働きが活発になるので、ぜひ毎日食べることを目標にしましょう。

納豆の酵素の働きでバストに栄養を送ろう

バストを育てるにはいろいろな栄養素をバランスよく摂取することが欠かせません。食事によって様々な栄養素をとっても、上手く吸収されないと意味がありません。実は、栄養素を吸収する点で納豆は大きな働きをします。納豆は加熱した大豆に納豆菌をプラスし、発酵する過程で酵素が作られます。納豆特有の酵素であるナットウキナーゼはたんぱく質を分解する作用があり、栄養の消化吸収率が格段に良くなります。なんと、大豆のままでは65%程度だった吸収率が納豆に加工されると80%以上にアップします。ナットウキナーゼ以外にも、納豆菌はたくさんの消化酵素を生み出します。納豆にはこうした消化酵素がたくさん含まれており、これらの酵素が働くことで食べたものの消化が助けられます。納豆の酵素の働きを利用して栄養を素早く効率的に吸収させ、豊かなバストを育てていきましょう。

バストアップを目指す女性必見!毎日食べたい納豆の育乳効果とは?

バストアップにはバランスの良い食事が鍵となる!

バストアップに納豆がとても効果が高いので、毎日の食卓に取り入れて積極的に利用していきたいと感じたのではないでしょうか。納豆の持つバストアップ効果に加えて、ほかの食材からたんぱく質やボロン、ビタミンなどバストアップに必要な栄養をバランスよくとることも大切です。栄養を偏らずに取ることでバストの成長が促されます。普段の食生活で栄養が偏りがちな忙しい人やバストアップを手軽に効果的に行いたい人は、たくさんの栄養素が詰まったサプリを利用するのも良いでしょう。バストアップに効果的なサプリにはいろいろな種類がありますから、取り入れやすいものを選んで試してみるのはいかがでしょうか。

効果的な栄養素に関する詳細な情報は、胸が小さい人へ朗報!バストアップに効果的な栄養素をご参照ください。