豆乳と納豆でバストアップを狙う!効果的な食べ方や組み合わせを紹介

豆乳と納豆でバストアップを狙う!効果的な食べ方や組み合わせを紹介

バストが小さいことに悩む女性は少なくありません。バストが小さいと女性らしい魅力が半減してしまうため、自分に自信が持てなくなるのです。少しでもバストが大きく見えるようにバストアップ効果の高い下着を身に着けたり、バストアップ体操をしてみたりするなどさまざまなバストアップ方法を試したことがある方も多いでしょう。食べ物でもバストアップが可能だと言われていますが、その食材として有名なのが納豆や豆乳です。納豆や豆乳でバストアップする理由や効果的な組み合わせ、食べ方について紹介していきます。

豆乳と納豆がバストアップに効くって本当?

私たちの体は食べた物で作られています。バストも私たちが普段食べている物で作られていますので、食べ物がバストサイズにも大きな影響を与えるのです。バストのサイズアップが期待できる食べ物として豆乳や納豆がよく挙げられるのは、大豆イソフラボンが豊富に含まれているからです。バストの大きさを決めるのはバストに張り巡らされている乳腺の周りの脂肪細胞の量です。脂肪細胞は乳腺を守るようにあるのですが、乳腺が発達することで脂肪細胞も増えます。脂肪細胞を増やすには女性ホルモンのエストロゲンの量が鍵となります。豆乳や納豆に含まれている大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンとよく似た働きをするため、乳腺の発達に働きかけてバストアップが狙えるようになるわけです。

エストロゲンに関する詳細な情報は、バストアップに効果があるエストロゲン!どういう食べ物が効く!?をご参照ください。

豆乳と納豆でバストアップを狙う!効果的な食べ方や組み合わせを紹介

豆乳と野菜、果物の組み合わせでバストアップ効果を上げる!

豆乳はそのまま飲んでもおいしいのですが、他の食べ物を組み合わせることで相乗効果が期待できるようになります。組み合わせ方次第ではバストアップにも効果的に働いてくれます。たとえば、果物と豆乳でミックスジュースを作ることでビタミンを一緒に摂取することが可能になります。果物に含まれるビタミンBやCは美肌作りに働きかけてくれます。寒い季節は野菜をたっぷり入れた豆乳鍋を作るのもいいでしょう。冷えて血行が悪くなるとバストの成長に十分な栄養が届きにくくなりますので、体はできるだけ冷やさないように努めることがバストアップのためには重要なのです。豆乳に含まれるイソフラボンやたんぱく質、野菜のビタミン、ミネラルの働きでバストアップだけでなく健康や美容にうれしい効果をもたらしてくれます。

バストアップに効果的な納豆の食べ方

納豆も大豆イソフラボンがたっぷりと含まれていてバストアップに効果のある食べ物ですが、効率よくバストアップを狙うためにも食べ方にコツがあります。ひとつは納豆を加熱せずにできるだけ生の状態で食べることです。納豆に含まれている納豆キナーゼは血液をサラサラにする効果などが期待できるのですが、その納豆キナーゼが熱に弱い特性を持っているからです。そして納豆を食べるベストタイミングは夜です。夜に食べた物は寝ている間に体をメンテナンスするのに使われるからです。夜寝ている間に体は作られますので、バストの成長が促されるのも夜眠っている時間帯になります。バストアップを期待するなら、夜寝ているときに大豆イソフラボンが働けるようにしておくとより効率よくバストアップが狙えるようになります。

食事は偏るのではなくバランスが重要!

小さいバストに悩む方は、食べたり飲んだりするだけでバストアップに効果があると言われる豆乳や納豆を毎日たくさん食べようと考えてしまうでしょう。確かに豆乳や納豆にバストアップ効果が期待できるのですが、偏って食べすぎてしまうと豆乳や納豆に含まれているイソフラボンが十分に体内で働かなくなってしまうのです。栄養は偏ってとるのではなくバランスよくとることによってそれぞれの栄養同士の相乗効果が生まれて、美容や健康に良い効果をもたらしてくれるようになるからです。豆乳や納豆以外にもバストアップに効果があると言われている栄養素がありますが、それらもバランスよくとることが望ましいです。バランスを考えて食事をとることが難しい時は、バストアップに効果があると言われる栄養がバランスよく配合されているサプリを活用するのも手段のひとつです。

効果的な栄養素に関する詳細な情報は、胸が小さい人へ朗報!バストアップに効果的な栄養素をご参照ください。

納豆と豆腐で胸が大きくなる!バストアップを目指すにおすすめの食事とは?