バストアップに大切な2大キーワード!「食べ物」と「時間」

バストアップに大切な2大キーワード!「食べ物」と「時間」

バストアップは多くの女性にとって共通の悩みではないでしょうか。しかし、闇雲にバストアップに良いとされることをしてみるだけでは効果が得られないものです。バストアップに大切なものを知り、生活習慣を改善していくことが大切です。バストアップのキーワード、それは「食べ物」と「時間」を工夫することです。ここではバストアップの二大キーワードについて詳細をまとめてみました。

バストアップ効果のある「豆乳」はいつ飲むべきか?

バストアップ効果がある食材として注目を集めているのが豆乳です。豆乳に多く含まれている大豆イソフラボンは女性ホルモンによく似た働きを持つ成分です。女性ホルモンが分泌されると女性の体に丸みが加わるため、バストアップにつながると言われています。では、どんな時間に豆乳を飲むともっとも効果が高まるのかというと、夜よりも朝や昼がおすすめです。朝食前、起きたばかりの時間帯は体が水分を欲しており吸収率が高まる傾向があります。この時間帯に豆乳を飲むと大豆イソフラボンを効率的に摂取できます。また、おやつ前の時間帯も豆乳を飲むのに適しています。低カロリーで腹持ちのいい豆乳はおやつ代わりにもなるからです。

バストアップには充分な睡眠時間を確保!

バストアップに欠かせないのが充分な睡眠時間です。なぜなら、睡眠によって女性ホルモンが分泌を促される傾向にあるからです。特に深夜帯と呼ばれる午後10時から午前2時の間は多くの女性にとってホルモンの分泌量がもっとも多くなると言われています。この時間帯にしっかりとした睡眠を取ることがバストアップ成功の鍵を握っているといえるでしょう。浅い睡眠は女性ホルモンの分泌を少なくするので、体を温めたり、就寝前のアルコールを控えたりするなど睡眠を深くする工夫も大切です。また、満足のいく睡眠はストレス解消にも役立ち、精神を整えて女性ホルモンが正常に分泌されるサポートをしてくれます。早寝早起きで理想的な生活習慣を生み出すことがバストアップにも好影響を及ぼすのです。

バストアップに大切な2大キーワード!「食べ物」と「時間」

お風呂の時間にマッサージをしてみよう

毎日必ず訪れるお風呂の時間、それをバストアップにあてたらかなり効率的ではないでしょうか。そのためにおすすめしたいのがお風呂でのバストのマッサージです。お風呂では体が温まり、血行が促進されているのでマッサージの効果が高まるといわれています。また、リラックスした状態でマッサージができる理想的な環境でもあります。方法としてはお風呂に入ってから10分ほど経って、体が十分に温まってからマッサージを始めていきます。バストの脇、下などの贅肉をバストに寄せていくイメージで10分ほどかけて丹念にマッサージを行いましょう。また、バストアップには姿勢を正すことも重要です。背筋と肩甲骨をまっすぐ保ち、血の巡りがバストに行き渡らせることを意識しましょう。

小さめカップの人は時間をかけて焦らずバストアップ

バストアップにかかる時間には個人差があります。特に小さめのカップの人であれば焦らずにバストアップを続けていくことが大切です。なぜなら、バストアップとは体のバランスを整えて改善していくプロセスでもあるからです。ホルモンバランスや生活習慣はすぐに変わるものではなく、時間をかけて体になじませていく必要があります。そのためには毎日の継続力が求められます。どんなに効果があるバストアップの方法でも三日坊主に終わってしまっては意味がないのです。睡眠やマッサージの工夫を続けることによって、いつの間にか「やらないほうが、寝つきが悪い」状態が訪れます。そうなると意識せずともバストアップの習慣が行えるようになります。理想的なバストを目指して根気強さを持つようにしましょう。

バストアップに大切な2大キーワード!「食べ物」と「時間」