産後のバストアップは期待できる?胸を大きくするためにサポートする食べ物

産後のバストアップは期待できる?胸を大きくするためにサポートする食べ物

産後はバストアップに最適なタイミングです。妊娠中や授乳期は一時的にバストサイズがアップしますが、多くの人はその大きさを維持できず、産後や卒乳後には胸がしぼみ始めます。ここでは大きくなったバストをキープする方法と、それをサポートする食べ物を紹介していきます。これらを実践することで、妊娠前以上に大きく美しいバストを手に入れることができるはずです。

産後のバストの悩みとは?

産後は赤ちゃんにおっぱいをあげるために乳腺が発達し、それにともなって胸も大きくなります。しかし、産後や卒乳後は、ハリが失われ一気に胸がしぼみます。これにはあるホルモンの働きが関係しています。それは母乳を生成するための女性ホルモンであるプロラクチンです。プロラクチンは乳腺の発達を促し、大きなバストを維持する重要な働きをするホルモンです。しかし、卒乳すると分泌がされなくなり、乳腺が衰退した結果バストがしぼんでしまうのです。また、一度大きくなった胸がしぼむと、垂れ気味のバストになりがちです。これは一度伸びた靭帯は修復せず伸びきったままになるため、バストのハリが失われることが原因となっています。産後はバストに関する悩みが尽きませんが、大きく美しいバストをキープするための対策もあります。

 

バストアップには筋トレとクリームでのお手入れが大切です

産後、卒乳後も大きくハリのあるバストをキープするためには、筋トレと念入りなお手入れが大切なポイントとなります。妊娠中は行動が制限され激しい運動もできなくなるため、全身の筋力が落ちています。産後は無理のない範囲で身体をほぐすストレッチや簡単な筋トレを行い、妊娠前の筋力を取り戻す努力をしましょう。また、バストアップに特化した筋トレも効果的です。背筋を伸ばして両手を胸の前で合わせる合掌のポーズは、バストを支えるのに欠かせない大胸筋に刺激を与えることができます。バスト周辺のリンパや血行の流れを良くすることで、老廃物を排出しホルモンバランスを整えることができます。入浴後などリラックスした状態でクリームなどを塗ってマッサージすると良いでしょう。

産後のバストアップは期待できる?胸を大きくするためにサポートする食べ物

胸が小さくなりがちな産後こそバストアップのチャンスです

バストアップにはバランスの良い食事が欠かせません。イソフラボン、ボロン、タンパク質を意識して摂取することで、バストアップ効果を高めることができます。イソフラボンとボロンは女性ホルモンの働きを活性化する栄養素となっています。産後、卒乳後はホルモンバランスが乱れやすくなるため、栄養素を意識して摂取できるとよいでしょう。また、タンパク質は人の身体の基盤を支える大切な栄養素です。妊娠中や産後は赤ちゃんに栄養をおくる必要があるため、お母さんの身体は栄養が不足しがちとなります。良性なタンパク質はバストアップに最適なことはもちろん、体調を整えるためにも必要不可欠です。バランスの良い食事はもちろん、栄養を補うことのできるサプリメントを上手に活用しながら、バストアップに必要な成分を積極的に摂取することが大切です。

バストアップを促進できる食べ物とは?

バストアップを促進できる食べ物としては、納豆、豆乳、キャベツなどが挙げられます。納豆や豆乳にはイソフラボン、キャベツにはボロンが豊富に含まれており、どちらも女性ホルモンを活性化することができます。イソフラボンは大豆の加工製品に豊富に含まれていて、摂取することで女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きをします。ボロンはエストロゲンの分泌を高めることかがあり、ひじきなどの海藻類やアーモンド、ピーナッツにも多く含まれています。バストアップを促進できるおすすめの食べ方としては、味噌汁があります。イソフラボンを豊富に含む味噌をベースに、豆腐やわかめ、キャベツなどを入れることで効率的に摂取することが可能です。

産後のバストアップは期待できる?胸を大きくするためにサポートする食べ物