産後・授乳後のバストアップ!効果のある方法とは

産後・授乳後のバストアップ!効果のある方法とは

妊娠中はサイズアップすることも多いバスト。実際に出産を経て授乳をしていくうちに、バストのサイズが元に戻るどころか更に小さくなってしまった。と悩む女性は多いようです。さらに授乳していくうちにどんどん垂れてしまうケースも多く、せめて垂れたバストをもう少し高い位置に戻したい。という悩みも出てきます。出産したからと諦める女性も多いのですが、諦めるのは早いです!きちんとケアすれば以前のバストに近づけることができるのです。

そもそも出産後にバストのサイズが変わる理由は?

バストは脂肪細胞と乳腺細胞からできています。バストが大きくなるのは女性ホルモンの影響で乳腺が発達し、乳腺を守るために周りに脂肪がつくからです。妊娠すると一般的に女性ホルモンの分泌が盛んになり乳腺が発達します。発達した乳腺の周りに脂肪がつくため、妊娠を期にバストが今までにないくらい大きくなる女性も多くいます。授乳中も乳腺に母乳を蓄えるため乳腺は収縮しません。バストが大きくなるということは、皮膚も伸びていきます。しかし授乳が終わると、乳腺は母乳を蓄える役割がなくなるので収縮してしまいます。バストの脂肪は減る一方ですが、伸びた皮膚は縮まないので垂れた状態になってしまうのです。さらにバストを支えるクーパー靭帯という部分があるのですが、適切なブラジャーをしないと大きくなったバストの重みで切れてしまう事があります。

産後にできるエクササイズでバストをサポート

産後にどんどん垂れていくバストを防ぐ簡単なエクササイズがあります。バストの垂を防ぐには、大胸筋を鍛えることが大切なのです。
・ちょっとした合間にできる「合掌のポーズ」
立っていても座っていてもできます。ますは背筋を伸ばして、手のひらを胸の前で合掌するように合わせます。次に息を吐きながらゆっくり手のひら同士を押し合います。これを1日に数回するだけの簡単なエクササイズです。家事の合間にもできます。
・二の腕にも効果を期待できる「腕立てふせ」
体力がない場合には、ひざをついてやることも可能です。腕を肩幅より少し広めに広げて、ゆっくり腕立て伏せをする。これだけです。この時、息を吸いながら体をおろし、上げる時には息を吐くようにすると効果的です。ひざをついても大丈夫なので、筋力が落ちたママでも簡単にできます。

産後・授乳後のバストアップ!効果のある方法とは

バストアップクリームでバストアップをサポート

バストアップには、筋トレだけでなくマッサージも必要です。冷えを解消し血行を良くして、バストまでしっかり栄養を行きわたらせましょう。その時に使うと良いのがバストアップクリームです。普通のクリームには保湿や美肌成分しか配合されていません。バストアップクリームには、バストに効果的な成分が含まれているのです。有効成分の入ったクリームを使いマッサージすることで、ダイレクトに成分を浸透させることができるといわれています。さらにデリケートなバストに使っても心配のない、優しい成分で出来ているので安心です。有効成分が入ったクリームで血行を良くするマッサージをすることにより、相乗効果が期待できます。毎日お風呂上りにバストアップクリームを使ってマッサージをしましょう。

産後・授乳後のバストアップ!効果のある方法とは

さらに効果を高めたい時はサプリメントもおすすめ

筋トレやマッサージなど外側からのケアの他にも、体の中からケアすることも効果的です。はじめに女性ホルモンの分泌で乳腺が発達し、バストが大きくなることを説明しました。妊娠中は女性ホルモンの分泌が活発になり乳腺が発達します。ところが女性ホルモンは母乳の分泌を抑える働きもあるため、授乳中は女性ホルモンが減少します。乳腺には母乳が蓄えられているのでバストは大きいままですが、乳腺は発達しないので母乳がなくなるとバストは急激に小さくなります。そこで女性ホルモンに似た役割の成分を、サプリメントで補充するのです。体の中から有効成分を補充して、乳腺を発達させればそこに脂肪がつきバストアップ効果を期待することができます。食事だけでは十分な量を摂取することが難しい栄養素も、サプリメントなら気軽に摂取できるメリットがあります。

サプリメントに関する詳細な情報は、出産後のバストケア!副作用なくバストアップサプリを服用するためのポイントとは?をご参照ください。