子育てママに朗報!産後のバストアップに効くサプリ

子育てママに朗報!産後のバストアップに効くサプリ

出産後にバストのサイズが小さくなったりバストの形が崩れたりといった悩みを抱える女性は多いのではないでしょうか。出産に伴う変化なので避けられないことではあるのですが、だからといって放置しておくのは得策ではありません。出産後のバストの変化は正しいケアを行うことで未然に防ぐことも可能なのです。出産によってバストが変化してしまう理由とその予防方法や対策方法を理解し、出産後も以前と変わらない張りのあるバストを保ちましょう。

出産によってバストが変化する理由とは?

出産や卒乳によって「バストサイズが小さくなった」「バストの形が崩れてしまった」などの変化が起こる場合があります。それらの原因の一つにバストの脂肪量の減少が挙げられます。女性ホルモン活発化の影響で妊娠の後期や出産してしばらくの間は乳腺が発達し、授乳に備えて母乳が乳腺に蓄えられます。それに加えて外部の衝撃から乳腺を保護するためバストの脂肪量も増大し、出産前後はバストサイズが大きくなります。けれども授乳の必要がなくなると乳腺は次第に収縮し、乳腺付近の脂肪量も減少するので、卒乳後はバストサイズが小さくなってしまうのです。またバストの形が崩れる原因にはクーパー靱帯の緩みも考えられます。出産に伴い大きくなったバストの重みでバストを支えるクーパー靱帯が緩み、出産後のバストを支えられなくなってしまうのです。他にも授乳時に赤ちゃんに乳首を引っ張られることもバストの形が崩れる原因になります。

子育てママに朗報!産後のバストアップに効くサプリ

バストケアは大事!

出産に伴うバストの変化は誰にもでも起こりうることですが、入念なケアを施すことで予防することは可能です。バストケアでまず重要なのはクーパー靱帯の緩みを防止することです。そのため出産後はクーパー靱帯への負担を軽減するべく、乳腺に母乳を蓄えすぎないように注意しなければいけません。乳腺に母乳が蓄えられるとその分バストは重くなってクーパー靱帯に負荷がかかってしまいますから、なるべく負荷を和らげるため、定期的に授乳や搾乳を行いましょう。さらに睡眠中もナイトブラを着用してバストを固定することで、クーパー靱帯への負担を軽減できます。これらのケアに気をつけておけば、バスト全体の形崩れの予防に繋がります。また授乳時に赤ちゃんの顔の位置を乳首より高くすることで、乳首が引っ張られるのを防ぐことができます。

忙しいママのバストアップにはサプリが便利!

サイズダウンしたバストを大きくするためにはバストアップマッサージやエクササイズが有効ですが、栄養補給によるケアも大切です。一般的に出産後のバストのサイズダウンや形崩れには女性ホルモンの不足が影響しているとされており、女性ホルモンを充分に補ってあげることでバストのサイズダウンや形崩れの防止及びバストアップが期待できると言われています。さらに質の高い睡眠も女性ホルモンの分泌活性化に繋がります。ホルモンバランスの正常化やストレス軽減のため、1日8時間以上の睡眠を取るといいでしょう。しかし子育て中のママは大変忙しく、赤ちゃんの授乳や夜泣きがあるため質の高い睡眠を確保するのはなかなか難しくなります。そのため女性ホルモンの摂取にサプリの利用が効果的です。手間をかけずに簡単に摂取できるので、時間のない子育てママにはうってつけです。

バストアップのための栄養補給に関する詳細な情報は、バストアップ大作戦!必要な栄養素とは?をご参照ください。

バストアップサプリの注意点とは?

バストアップサプリは女性ホルモンに直接働きかけて刺激することでバストアップを促します。それゆえ出産によって女性ホルモンが不安定になっている時期に摂取するとホルモンのバランスが崩れてしまう恐れがあるため、体内のホルモンバランスが安定するまでは摂取を控えたほうがいいでしょう。出産してからホルモンバランスが整うまでおよそ3カ月かかるとされているので、最低でも3カ月間は様子を見て、自分でも体調が安定してきたと実感できてからバストアップサプリの摂取を始めてください。またバストアップのための成分に不純物が混じっていたり、用量を誤ったりすることで副作用を招くケースもありますから、バストアップサプリを服用する際は各サプリの成分や用法や用量などに関する説明をしっかり確認するようにしましょう。

関連記事:バストアップサプリで安全に豊胸するための心がけ

子育てママに朗報!産後のバストアップに効くサプリ