産後はバストラインが崩れる!原因と必要なバストアップケアって?

産後はバストラインが崩れる!原因と必要なバストアップケアって?

授乳中はサイズが大きくハリがあったバストラインも、授乳期が終わるとしぼんでしまいます。しかし、元のバストラインとサイズに戻るのであれば問題ないのですが、多くの方が出産後のバストに対し「バストが小さくなってしまった」、「バストラインが崩れてしまった」などの悩みを抱えていることも事実です。今回は、出産後にバストラインが崩れてしまう原因と、美しい胸を取り戻すためのバストアップケアについてまとめてみました。

妊娠から産後にかけて現れるバストの変化

女性の体は妊娠すると、女性ホルモンの働きによって乳腺が発達します。バストにハリが生まれ、カップ数が2サイズ程アップするという方も少なくありません。バストのハリは、出産後2から3日頃、ピークに達します。授乳が始まると、バストのサイズは徐々に小さくなり始めます。授乳中の乳腺はホルモンの影響を受け活動を続けますが、授乳が進むにつれて、乳腺脂肪の数も減少していきます。授乳が終わるとバストは元のサイズに戻ります。しかし、人によっては元のバストサイズよりも小さくなってしまう方もいるため、産後のバストサイズの変化には個人差があるといえます。中には、乳首の色が黒ずんでしまったり、バストの大きさに左右差が出てしまったりするケースもあり、産後、バストに関する悩みを抱える女性は多いです。

95-2

産後、授乳後はバストが垂れる?!その原因とは

産後、授乳後に現れるバストのお悩みの中でも多いのが「バストが垂れてしまう」というものです。妊娠前はハリのある上向きバストだった方でも、出産、授乳を経験することによってバストラインの崩れを感じる方は多いようです。出産、授乳後にバストが垂れてしまう理由は、「クーパー靭帯」が深く関係しています。クーパー靭帯とは、胸の乳腺や脂肪を支える役割を持つ靭帯のことです。出産、授乳を迎え、大きくなったバストを支えるため、クーパー靭帯には負担がかかり、重量によって伸びてしまいます。授乳後、バストのサイズが元に戻った際にも、クーパー靭帯は伸びきったままの状態になってしまいます。乳腺や胸の脂肪を支えることが出来なくなってしまうため、妊娠前とバストサイズに変化がなくても、バストは垂れてしまいます。

産後に垂れてしまう胸に関する情報は、産後の垂れた胸は蘇る?諦めずバストアップを目指そう!をご参照ください。

産後のバストアップは体内からケア!

産後も、美しいバストラインをキープしたい場合は、バストアップに効果を発揮する食材や、栄養素を積極的に摂ることが大切です。バストアップに欠かせない栄養素の一つとして挙げられるのが「タンパク質」です。タンパク質は、肌や髪の毛、筋肉など、人間の体を形作る元になる成分です。タンパク質が多く含まれる食材には、鶏肉、牛肉、豚肉、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品が挙げられます。特に、バストアップに効果的な食材として挙げられるのが、豆腐や豆乳などの大豆製品です。大豆製品には、良質なタンパク質がたっぷりと含まれているだけではなく、体内で女性ホルモンと似た働きを行う大豆イソフラボンが含まれています。大豆イソフラボンは、バストアップサプリなどにも配合されることが多い成分です。毎日大豆製品を摂ることが難しい場合は、サプリで補うのも良いでしょう。

関連記事:子育てママに朗報!産後のバストアップに効くサプリ
関連記事:組み合わせれば効果倍増!産後のバストアップに効く食べ物

合わせて行いたい外側からのバストケア

バストアップに必要な成分を体内に取り入れたとしても、美しいバストラインに必要な土台が作られていなければ十分なバストアップ効果を得ることはできません。体外から、バストアップエクササイズを行うことで、より効率良くバストアップケアを行うことが可能です。バストアップに効果的なエクササイズのやり方は、まず左右の手を胸の前で合わせ、合掌するようなポーズを取ります。次に、胸の前で両手を押し合うように力を込めます。息を吐きながら、腕を伸ばしていき、腕が伸びきったらゆっくりと元の位置に戻します。この運動を10回程度繰り返しましょう。胸の前で手を合わせる姿勢に戻ったら、次は両手に力を込めながら左右に10回程度動かします。エクササイズを行う以外にも、クリームを使ったバストアップマッサージやバストアップブラの使用などでケアを行うことも効果的です。

関連記事:産後・授乳後のバストアップ!効果のある方法とは
関連記事:産後のバストアップ成功のポイントは継続すること!

産後はバストラインが崩れる!原因と必要なバストアップケアって?